TOPIK6級を取るための勉強方法

韓国映画、タクシー運転手を見て。1200万人突破の記録的大ヒット。韓国現代史上最悪の事件を背景に描く。

韓国ドラマ

タクシー運転手、この映画は僕が見てとても衝撃を受け、また深く感動した映画だ。

韓国がどのような国なのかより理解を深めることが出来た。

映画は時に僕らに大切なことを伝えてくれる。

この「タクシー運転手」この映画は多くのことを僕たちに教えてくれる映画だと思う。

この映画は、韓国で1200万人以上という記録的な動員数を果たした大ヒット映画だ。韓国の人口が5千万人なので、そう考ると5分の1の人たちが見たことになる。すさまじい数だ。

2017年韓国No.1大ヒット!『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』 本予告

おそらく、「タクシー運転手」というタイトルだけでは映画の内容を理解することが難しいと思う。この映画は多少フィクション要素も含まれているが実話である。

まず、この映画は、1980年5月に起きた「光州事件」を背景としている。光州事件は韓国現代史上、最大の悲劇と言われる。

光州事件とは、韓国南西部に位置する光州というところで起きた事件だ。その当時、韓国はいわば軍事政権だった。それに対して民主化を求めた市民と軍が衝突し多くの犠牲者が出た。

その時の写真

光州事件とは軍が市民を大量に殺害した悲惨な事件であり、韓国の民主化のプロセスを語るうえで絶対に外せない大きな事件として知られている。毎年5月18日には記念式典も行われている。

民主化を求める光州市民に対して、その当時の政府は光州という市を出入りが出来ないように完全に封鎖した。そのうえで軍を導入し、民主化を求める市民たちに武力を持って弾圧した。150人以上死んだとされるが、実際の全貌はまだ明らかではないらしい。

映画のあらすじを紹介しよう。ドイツ人マスコミの日本駐在記者であったユルゲン・ヒンツペーターは光州で動乱が起きているという情報を聞きつけ、韓国へと飛び立つ。そして、ここで、たまたま彼を乗せたタクシーの運転手がこの映画の主人公だ。ユルゲン・ヒンツペーターを乗せたタクシー運転手は光州へと向かった。言語的な意思疎通は十分にはできなかったが、数日に渡り行動を共にする中で徐々に信頼関係が築き上げられていく。こうして二人は韓国現代史における最も重要な事件ともいわれる「光州事件」の目撃者となる。

映画の中では、市民に対する軍の容赦ない弾圧をドイツ人記者、ヒンツペーターが命をかけて撮影し続ける。やがてそんなヒンツペーター、そしてタクシー運転手は軍から命を狙われるようになる。ヒンツペーターは光州で行われている軍の弾圧を世界に公開し、韓国を民主化させることを光州の市民からお願いされ、タクシーの運転手と共に、命懸けで光州、そして韓国から脱出することに成功する。そして、韓国の軍の蛮行を世界で一番最初に公開し、韓国の民主化に貢献した。

では、なぜ、この映画のタイトルは「タクシー運転手」なのだろうか。

それは、実はこのドイツ人、ヒンツペーターを助けたタクシー運転手が誰だなのか最後まで分からなかったのだ。

ヒンツペーターは韓国にそれからも何度か訪れて共に戦った「タクシー運転手」を探すが見つかることはなかった。そして結局再開することが出来ず2016年息を引き取った。映画の最後で、ヒンツペーターは「会うことが出来たらどれほど嬉しいだろう、心から」と涙ながらに語っている映像が公開される。

しかし、この映画の公開によって「タクシー運転手」の息子が名乗りを上げ、「タクシー運転手」本人は既に亡くなっていたことが明らかになる。

この映画は、僕に衝撃を与えた。なぜなら、韓国は間違いなく今では先進国家である。そのような国でこのような残虐な事件が政府の手によって起きていたことが信じられなかったのだ。また、自分と同じような若い世代が、民主化のために戦っていることも衝撃だった。

日本も韓国と同じ、成熟した民主国家である。国民には人権があり、言論や信条の自由が保障されている。しかし、それを勝ち取るまでに多くの犠牲があったことを痛感させられた。

それと同時に韓国の民主化のプロセス、今のような先進国家となるための苦労を知り感動したのだ。

そもそも韓国のここ100年の歴史を見てみると、本当に悲惨である。

1900年代初めから日本に占領され国を失った。その後、解放されやっと平和が訪れるかと思ったらすぐに北と南に分けられることになる。しかも、異なる主義、思想を持つ民主と共産に分断されることになる。そして、1950年、その北が韓国に攻めてきて、同じ民族で殺し合うことになる。3年にわたる戦争は多くの犠牲者を出し、韓国全土を焼き野原にして終えることになる。同じ民族が、昨日まで家族だった人が次の日から違う国の人となり殺し合う痛みは想像することもできない。休戦後も、軍事政権により多くの不正や弾圧が行われ、民主国家、本当の意味で韓国国民の国は成立しなかった。

破壊されたソウル市内

しかし、あらゆる軍の弾圧に負けず、上の光州事件にあるように多くの犠牲をだしながらついに韓国は民主化を成し遂げる。

そして、今では韓国はサムスンなどの大企業もあるように世界をリードするIT国家であり、またビッグバンやブラックピンクなど代表されるK-popや韓国ドラマ、そしてキムチや辛ラーメンなどの文化の面に起きても世界的に人気を集めている

サムスン
k-popコンサート
キムチ

今回の光州事件を通して、今の韓国の繁栄は簡単になされたものではなく、多くの犠牲があり築かれたものであることを痛感した。多くの痛みがありながらも負けることなく、自由を求め前進し続けてきた韓国の歴史を知る時に心から感動を覚えてやまない。

「タクシー運転手」、この映画は僕に韓国の歴史をよりリアルに実感させてくれた。映画の内容自体も非常に面白く見ごたえがあった。何よりも実話であるからより一層感動的である。実在し自由のために戦った「タクシー運転手」そしてドイツ人記者のヒンツペーターの雄姿を描いた映画である。

AmazonプライムやU-NEXTからでも見ることが出来るのでぜひ見て欲しい。

見逃し配信バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました