TOPIK6級を取るための勉強方法

【2021年版】目的別!!韓国語オススメ参考書10選!!!(初心者~中級者)

オススメ

今回の記事では

この記事の内容
  1. 韓国語の勉強を始めたい方の参考書選びのポイント
  2. 目的別韓国語参考書

について書いていきます。

韓国語の勉強を始めたい方の参考書選びのポイント

それでは、まず、出来る限り良い参考書に巡り合うことが出来るよう参考書選びのポイントを説明していきます。

ハングルの読み書きだけのものは買わなくてもいい!?

書店に行けば、「一時間でできる韓国語の読み方」というような本が沢山売られていますが、わざわざ、ハングルを読めるようになるためだけの本を買う必要はないと思っています。

なぜなら今はyoutubeに行けば、それこそ、本よりも分かりやすく、ネイティブの人が分かりすく発音付きで教えてくれているからです。
韓国語を読めるだけの本にお金を払うのはもったいないと思います。

ただ、本で勉強するほうがいいという方もおられるでしょうから、そういう方は買われて勉強されて良いと思います。

コンパクトすぎたり、イラストに頼りすぎている参考書は注意

書店に行けば、沢山の参考書が売ってあるので、どれにするか迷うと思います。その結果、コンパクトな参考書か、イラストが沢山ついている参考書を選びがちだと思います。

コンパクトな参考書やイラストが多い参考書はもちろん、いいのですが、コンパクト過ぎたり、イラストに頼りすぎていて明らかに説明が不足している参考書は要注意です。

たとえば、単語と日本語の意味と例文一つだけを、淡々と書いている単語帳は、それゆえにコンパクトかもしれませんが、淡々と表示されている単語を覚えることはとても困難です。

特に韓国語を勉強し始めた初期は、まだ、韓国語自体になれてないでしょうから、単語帳であれば、活用形やハングルの読み、そして、類義語や対義語、韓国語の漢字、単語の軽い説明がのっている単語帳がベストだと思います。

その方が頭に入りやすいからです。

また、イラストにだけ頼り、その単語自体の説明や例文が少ない単語帳なども要注意です。

イラストが充実していて説明も適度にある参考書を選びましょう。

CDがついている参考書を

韓国語は、言うまでもなく言語です。

読む書くことがメインではなく、聞いて話すことがメインです。

なので、CDがついていることは絶対条件です。

CDがついていない参考書で音声なしで勉強すれば、義務教育の英語のように書けたり読めるけど、聞けない話せない人になってしまいます。

言語は五感をフル活用することでより記憶に定着しやすくなります。

単語、文法、表現がセットで学べる参考書

書店にいけば、様々な参考書が置いてあります。なので、単語、文法、表現(フレーズや会話)などが別々に一冊の参考書として売られていますが、あまりお勧めしません。

なぜかというと、言語は、単語だけ覚えたらいいものでもなく、文法だけ覚えたらいいものでもなく、フレーズだけ覚えたらいいものでもないからです。

特に、韓国語の勉強初期ほど、基礎固めとしてバランスのいい知識が必要になります。

なので、単語、文法、そして表現がセットになっている参考書を買いましょう。(単語帳だけは別途にかってもいいと思います)

その方が一冊ですんでお得ですしね。

問題が豊富な参考書

そして、一番大事だと思うのが、問題が豊富な参考書です。

なぜかというと、言語はアウトプットすることで定着していくからです。

コンパクトで説明が分かりやすい参考書でも、問題を解くことなく(アウトプットすることなく)一冊終わっても、実際に問題を解こうとしたり、勉強した表現で何かをしゃべろうともしくは書こうとしてみても全く分からないことが往々にしてあるからです。

参考書を終わらせたとしても、アウトプットがなければ、理解しただけにとどまり、結局その内容を自分のものとして使うことが出来ません。

なので、韓国語を自分のものとして使えるようになるためにも、問題が豊富な参考書をオススメしています。

目的別韓国語オススメ参考書

目的別に合わせてオススメの参考書を紹介していきます。

オススメ文法書

韓国語初心者にはこれ!!この一冊で十分!!【最強参考書】

この本のオススメする理由
  1. 問題が充実
  2. 説明がとても丁寧
  3. 会話形式になっており、単語、文法を同時に覚えられる
  4. 音声もついているので五感を活用してより効率的に記憶に定着させることが出来る

韓国語初心者の方、これから韓国語の勉強をされる方は迷わずこの一冊だけでもいいんじゃないのかなと思います。

韓国語の勉強を始める理由として

K-POPやアイドルの韓国語を少しでも理解したい!!

旅行でももっと楽しめるよう韓国語を勉強したい!

などあると思いますが、この一冊で十分にその基礎的な能力を付けることが出来ると思います。

基礎的な知識もなく、フレーズを覚えることは、オススメはしません。

フレーズだけ覚えてもそのフレーズしか使うことが出来ないからです。

基礎的な知識があるからこそ、より早くフレーズを覚えることができ、より幅広く覚えたフレーズを生かすことが出来ます。

ハングルを早く読めるようになりたい方にオススメの参考書

上にハングルを読めるようになるためにあえて参考書は買わなくも良いと書きましたが、もし、早く韓国語の読みだけ出来るようになりたい。本ですっきりと勉強したいという方には以下の参考書がお勧めです。

ハングルの読めるようになるために説明する本は沢山ありますが、この本は比較的、その中でもすっきりと整理されていて、韓国語を読むうえで知っておかなくてはいけないルールも書いてあったのでオススメです。

オススメ単語帳

韓国語初心者にオススメ単語帳

韓国語初心者にオススメの単語帳を紹介していきます。

この本のオススメする理由
  1. 単語の漢字語が乗っている
  2. 類義語や対義語など補足説明が充実している
  3. 例文が充実している
  4. 動詞や形容詞の活用形もしっかり乗っている(韓国語を始めたばかりで活用が慣れないと思うので乗っていた方が良いでしょう)
  5. CO付きで、登下校や通勤時間で聞き流しで単語を覚えることが出来る。 

もうメチャクチャいいとこありまくりですね!!

僕が何よりも自分が良いなと思ったのは、漢字があるハングルに対してはその漢字を表記していることです。

実は、韓国語は日本語と同じように漢字を背景に持ちます。
しかも普段はハングル表記されているので分からないのですが、驚くぐらいに日本語と同じ漢字が同じ意味で同じ単語で使われているのです。

なので、日本人は漢字を利用することによって圧倒的に楽にハングルを覚えることが出来ますし、むしろ、漢字語を使わなければもったいないです。

ハングルの漢字語についてはこの記事に書いてます。
良かったら読んでみてください。

語呂合わせや印象的なイラストで覚えたい初心者の方にオススメ単語帳

この本をオススメする理由
  1. ゴロ合わせで単語を覚えることが出来るので、覚えやすい
  2. イラストが充実していて覚えやすい
  3. キクタンほどではないが、例文や単語の説明、活用形なども充実している
  4. 漢字語の説明もある

他のイラストで覚える単語帳に比べてイラスト以外の内容も充実している参考書なのでオススメです。

こちらの参考書も同じような理由でオススメです。

Amazonから試し読みすることが出来ます。

ほぼ変わらないのでイラストや語呂で単語を覚えたいのであれば、イラストが好きな方を買われたらいいのではないかと思います。

フレーズを覚えたい方用の参考書

フレーズを覚えたい方に断然オススメしたい参考書(初級者向け)

アイドルの韓国語を理解した、韓国ドラマを少しでも韓国語で理解したい、旅行の時、便利な韓国語フレーズを知りたいという方には断然この参考書をオススメします。

僕が知っているフレーズを紹介する参考書の中では一番に良いと思っています。

この参考書をオススメする理由
  1. ほんの構成が分かりやすく、見やすい。(実際にAmazonの試し読みで確認することが出来ます)
  2. CDがついている
  3. 実際に日常会話や韓国ドラマでよく使われるような重要表現が沢山
  4. フレーズを紹介する参考書の中では珍しい、CD付き
  5. レベルも難しすぎずちょうどよい

フレーズを紹介する単語帳の中には少しレベルが高い参考書が多いですが、こちらは韓国語勉強を始めたばかりの方でも勉強しやすいレベルです。

留学する方など実践向けにより本気で韓国語を学んでいきたい方にオススメの参考書

留学するなど、よりレベルの高い韓国語を使いたい方にはこちらの参考書がオススメです。

少しレベルは高くなりますが、実際に使う必要な表現がしっかり書かれてあります。

韓国語勉強で補助であったらとれも嬉しい参考書

以下オススメする参考書は基本的な韓国語の勉強が終わった人向けです。

語彙力を一気に増やしたい方にオススメ

※CD付き
※Amazon、楽天から中身を確認することが出来ます。

この参考書をオススメする理由
  1. 漢字語を理解することで一気に語彙力が増える
  2. ただ、漢字語を羅列するのではなく、グループにまとめて分かりやすく説明してある
  3. 他の漢字語の参考書に比べて、より一歩丁寧な漢字語の説明がしてある

漢字語について書いてある参考書は他にもいくつかありますが、大体の参考書はただ、漢字語を羅列しているだけです。
それだと勉強のやる気もそがれちゃいますよね。

でも、この参考書はとても分かりやすくキレイにまとめられているんです。
だから、この参考書に出会ったとき、自分は感動しました。

韓国語の7割は漢字語と言われています。しかも中国語の漢字は難しいイメージがあるのですが、韓国語の漢字はかなり日本語の漢字と似ているんです。

また、日本語のヒラガナ一つに漢字を沢山あてることが出来るように、韓国語もハングルの一文字に沢山の漢字もあてることが出来ます。
普通だと単語を勉強する中でそういうのを覚えないといけませんが、この参考書は、そこまで分かりやすく説明してあります。

この参考書を見るだけで、日本語と韓国語の共通点に感動が止まらないと同時に、語彙力がグングン上がっていくと思います。

同じ漢字を土台にしているので、漢字語を知らないともったいないと思います。
ぜひ、興味ある方は買われてみてください。

書く力を上げたい方や表現力を上げたい方にオススメの参考書

※Amazonから試し読みをすることが出来ます。

上が新しく出版された版です。内容は異なります。
一冊365日分の日記を書くことができます。

この本をオススメする理由
  1. 毎日少しの時間で続けていくことが出来る
  2. 韓国語で日記を書く参考書の中でサポートコンテンツが一番充実している
  3. 本人のレベルに合わせて活用することが出来る。

 

TOPIKの쓰기などで書く力を鍛えたい人、また、表現力を増やしたい人、時間がないけど韓国語の勉強をしたい人にオススメです。

 

この参考書も基本的な韓国語の勉強をした方にオススメしています。

この、本は何がすごいかと言いますと、毎日、三行という日記を書くだけで、語彙力や表現力が上がっていくということです。

良く、日記を書いて韓国語勉強をするのはオススメだと聞くかもしれませんが、そもそも人もいなければ、毎日書けば書く内容もなくなってくると思います。

その点、この本が優れているのは、毎日お題があって、そのお題に対して三行分の例文と、その例文の中で使われている重要単語、重要表現がまとめられていることです。

初級者の型は、その例文をそのまま写すだけでも良し、例文を土台としていくつか単語を変えてやってみるでも良し。

手軽で簡単に語彙力や表現を増やしながら、書く力を鍛えることが出来ます。

以上で参考書の紹介を終わります。

この記事を通して必要な参考書と巡り合うことができ、ワクワクするような気持で勉強していただけたら幸いです。

興味ある方は、こちらの記事もまとめてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました